前へ
次へ

故人所有の不動産の賃料の相続の方法

故人の資産は相続人によって遺産分割されます。
遺言書があるならそれを優先して分割し、無ければ相続人同士の協議によって分割をします。
分割の元になる資産は故人が亡くなった時点において保有している資産になり、現金や不動産、その他の資産の状況を調べて適切に分割する必要があります。
故人が賃貸に出している不動産を所有していて、亡くなった後に入ってきた賃料はどうやって相続するかの問題があります。
後日その不動産を相続する人が決まったらすべてその人の元に行くのか、亡くなった後としても無くなった時点にあった現金資産として分割していくか気になるでしょう。
法律上は不動産収入であったとしてもその不動産に帰属とならず、故人が亡くなったときの資産として分割の話し合いをする必要があります。
もちろんその不動産の帰属が決まった後の賃料はその人の資産となります。
話し合いで合意をすれば、後で帰属が決まった人にそれ以前の賃料を相続させることもできます。

Page Top