前へ
次へ

遺言書で資産をすべて兄に相続するとき

遺産相続を受けられる人として法定相続人がいます。
夫婦であればその配偶者は当然に法定相続人になり、それ以外は順位によって決められます。
子供が第1位で、親や祖父母などが直系尊属として第2位、そして兄弟姉妹は第3位になります。
順位が上の人が存命しているなら下の順位の人は法定相続人になれません。
親が亡くなってその子供である兄弟がいるとき、その親の配偶者と兄弟が法定相続人になります。
このときに遺言書によって資産をすべて兄に相続するとしているとき、配偶者であったり弟は一切相続を受けることができないかです。
事業を行っているときなどはその後継者にすべてを託そうとするのかもしれません。
遺産分割には法定割合がありますがこれはあくまでも相続税を計算するための割合です。
その他裁判などにおいて配分をするときにもこの割合が使われたりします。
通常は相続人の協議で決めますが、遺言書があるならそれを優先することになります。
ただ遺留分があるので、遺言書があったとしても遺留分の請求は可能です。

Page Top