前へ
次へ

他社が先に使用していないか念入りな確認が

商売をするにはいろんな法律や規制を知っておかなければなりません。
もしそれを知らずに行動すれば他所から抗議やダメだしが来て使えなくなる可能性があるからです。
具体的な一例としては特許や商標登録や先使用権などの問題が挙げられます。
もし先に他社が自社とほとんど同じような特許を獲得していたら、無断使用だと訴えられかねないので要注意です。
商標登録にしても類似の名前を使用したとして抗議裁判される事例も発生しています。
なので販売する前の段階で類似の名前が商標登録されていないか確認し、もしあればあきらめるか名前の使用料を払う契約をするかして対応しないとなりません。
先使用権というのは特許を出した人や会社より前に使用していたことを認める権利ですが、この場合は特許を出した人や会社よりも先に製造販売していたことを示す証拠を出さなければならなくなります。
従ってすべてのサービスや商品販売の際には、それを示す証拠を残すようにしておく必要が生じます。
これを怠れば他社や他人が特許を取得すれば先を示す証拠がなくなるので使用できなくなるからです。

Page Top