前へ
次へ

相続放棄をするか限定承認をするか

家族が亡くなると、亡くなっていた人の資産を引き継ぐ手続きが必要になります。
資産額が多い時は相続税がかかるときもあるので事前に対策をした方がいい時もあります。
資産がたくさんあってももめますが、資産にマイナスがあるときもいろいろ注意しないといけないので対処方法を知っておきましょう。
相続に関しては、資産だけでなく負債も引き継ぐ必要があります。
もし負債が多いことが分かって引き継ぐと返済負担が大変になると考えられるときは相続放棄を検討しましょう。
相続放棄をすると資産も負債も引き継ぐ必要がなくなります。
自分だけ相続放棄をすることができます。
一方負債がどれくらいあるかわからないときは非常に悩むかもしれません。
このときは限定承認と呼ばれる方法が取れます。
資産と負債があるときにそのプラス分のみを引き継ぐ仕組みです。
注意としては限定承認は相続人全員が一緒に行わなければならないことでしょう。
相続人同士で話し合って決めましょう。

Page Top