前へ
次へ

利益を度返しして相談にのってくれる

ムダな法律講義は一切せず、相談者の知りたい情報だけに適格に答えてもらえることが理想ですが、万が一、そうでないのなら、医療機関同様にセカンドオピニオンを利用することができます。
そこでならば、適確に分かり易く状況を説明してくれますし、アドバイスももらえます。
なかには、当事者間での解決が図れるなど、儲け話さえもなし崩しにして相談者に寄り添うアドバイザーになる法律家の存在も増えているようです。
最悪、調停やら訴訟になっても安心できる内容ではないでしょうか。
無料相談においては、最後に勇気づけの言葉であったり、要点に戻って確認までしてくれることもありますし、むやみやたらに法律で解決するだけではない策についても言及してくれるなど、いわゆるクリティカルシンキングを身につけさせてもくれます。
訴訟に誘導するのが利益や実績にもなるはずなのに、それを回避する方法をアドバイスしてくれる、そうした信頼関係を築く法律家さえいますから、実績がないからという理由で相談しないのは損をしていますから、まずは人柄を見て、判断してみましょう。

Page Top